読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉痛観察

しょうもない日常とつくったごはんを徒然なるまま書き残す。

「卒業するから思うこと。『旅する魔王の物語』」

 

ちょうど1年前

僕はこんな記事を書きました

 

tanakonaoko.hatenablog.com

 

 

卒業する先輩との別れを経て

感じたことを自分の言葉でまとめたものです

 

そしてあっという間に1年が経過し

今度は僕が卒業する番となりました

 

サークル、ゼミ、バイトを始め

様々なコミュニティを卒業し

東京にいる友達に別れを告げる

そんな時期です

 

 

交友関係が広いとは言えない僕ですが

様々な友達に会い

f:id:tanakonaoko:20170305165309j:image

色々な餞別を頂き

f:id:tanakonaoko:20170305165357j:image

多くの言葉をもらい

f:id:tanakonaoko:20170305165407j:image

たくさんの思い出を胸にしまいました

 

 

お世話になったバイトのチーフと最後に飲んだ時に言われたのが

 

「社会に出るにあたって俺から言えることはたった1つ。

ーー人を大切に。」

 

 

これから仕事で出会う人たちのことはもちろん

今の僕にできること

友達を大切にすること

 

地球上の60億人のうちの一握りにも満たないけれども

多くの人々と出会い

その出会った中でも仲良くなりたいと思い

その仲良くなりたいと思った中から実際に友達になり

その友達の中でもまた会いたいと思う

そんな巡り合わせで出会えた

人たちを大事にしていきたいと思います

 

でも思うのは

卒業が最後じゃないということ

別れが永久じゃないということ

 

東京にこれからもいる人たちにとって

地元に帰る人は遠くに行ってしまうように感じるかもしれないけど

 

地方に行く人にとっては

東京に行けばみんなに会える

と安心感さえあります

 

時間的にも距離的にも会うのは難しくはなるけど

 

笑顔で

またね、

と言って別れたいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魔王は1人だった

 

 

f:id:tanakonaoko:20170307123818j:image

 

 

2本あるうちの1本の角が折れているから

 

勇者に受けた傷がある魔王は
他の魔王たちから馬鹿にされ
無視され
仲間外れにされてしまう


でも魔王は
生まれた時から角が折れていたのだ

 

ドロドロの闇と
ゾッとするような混沌から生まれた魔王

 

手の平からでる炎は
世界を焼き尽くすまで消えないだろうし
どんなに鋭い剣だって
傷1つつけることはできないはず

 

立派な魔王だ


でも孤独だった

 

 


あるとき
勇者との戦いにそなえてランニングしていた魔王は
他の魔王と出会った

 

 

f:id:tanakonaoko:20170307123902j:image

 

 

彼は片方の翼がなかった

 

彼らは打ち解けた
初めての理解者だった


1人では怯えているだけだったが
2人になると勇気が湧いた

 

他の魔王たちに会いに行こう

 

片翼の魔王が言った

 

 

 

山を越えると3人の魔王に会った

2人が1人を罵って笑っていた

 

ツノ折れの魔王は勇気を出して言った
後ろには片翼の魔王がいる

 

何故彼をいじめるんだい

 

いかにも強そうな大きい2人は答えた

 

顔に傷があるんだぜ

 

そう言って笑いながら去っていく

 

 

f:id:tanakonaoko:20170307123947j:image

 

 

片翼の魔王が彼に肩を貸すと
彼は立ち上がって言った

 

きっとあいつらも勇者に出会ったことなんてないんだ

 

2人の魔王は驚いた
彼の顔の傷も勇者によるものではなく

不注意の事故で負ったものだという

 

なのになんで僕らをいじめるのだろう
3人は考えた

 

議論しながら3人は歩いた

 


地獄の果てまで歩き続けた

ここまで来るのにたくさんの魔王に出会った

 

でも不思議なことに勇者にも
勇者に出会ったことのある魔王にも
ましてや魔物にだって会うことはなかった

 

 

3人は
魔王って何だろうと考える


でも答えが出ないままここまできてしまった

 

 

地獄の果てには
扉が3つあった

 

 

f:id:tanakonaoko:20170307124006j:image

 

 

青い扉と

黄色い扉と
赤い扉

 

扉は1人が入ると消えてしまう魔法がかかっていた


この扉の先に何があるかはわからない
3人一緒かもしれないし
別々かもしれない

 

それぞれ好きな色の前に立った

 


片翼の魔王が言う

3人バラバラでもこの強い魔力があればまた会える

 

顔に傷の魔王が言う

でも結局勇者に会った魔王はいなかったね

 

ツノ折れの魔王が言う

僕らは他の魔王にびくびくする必要はないのかもしれないね

 


そう言ってツノ折れの魔王は扉に絵を描いた

2人が聞く

 

それは?

 

ツノ折れの魔王は答える

 

”ニンゲンカイ”というところにいるらしい生き物さ
2人へのメッセージだよ

 

そう言い残して扉の向こうに消えた

 

 

 

 

 

 

 

この世界には魔王しかいない

 

 

 

 

 

f:id:tanakonaoko:20170307124041j:image

 

 

 

”またあおう”

”まおう”

 

 

 

 

 

 

 

「正直味覚を調教せねばパクチーは難しい」

 

引っ越し、めんどくせー

 

正直2度と引っ越しなんてしたくないです

 

時間はかかるし

お金はかかるし

苦労もかかるし

疲れとか残るし

 

絶句です

 

というのもゴミの処理とか

引っ越しの準備とか手続きとか

そういった必要な諸々を

後回しにしていた自分が悪いということは

言うまでもありません

 

引っ越し代が

始め15万円と言われたときは

3日間ほど白目にならざるをえなかったし

 

粗大ゴミの予約が半月先まで埋まっていたときは

失神しかけたし

 

ダンボールに詰めた本が1000冊を超えたときは

まつげを全部引っこ抜こうかと思いました

 

 

そんなこんなで悪戦苦闘しながらも

ようやく引っ越しが終わりを迎えようとしています

 

 

f:id:tanakonaoko:20170305165110j:image

 

f:id:tanakonaoko:20170305165119j:image

 

ダンボールに15個中11個は本で埋まりました

逆に言えば

本がなければダンボール4個で引っ越しできるということ

 

 

小説は図書館

漫画はレンタルで済ませたら

 

とも思うのですが

作者を応援するには買うしかないし

蒐集自体が趣味みたいなところもあるので

やめられそうにないです

 

今は父のマンションに居候しているのですが

棚から溢れんばかりのDVD

 

親譲りの収集癖といえそうです

 

ちなみにこの父の部屋にはテレビもパソコンもありません

 

 

 

嫌いな食べ物がない僕は

ズバ抜けて好きな食べ物もなかったんですが

ここ半年くらい週に1回は食べたくなる料理があります

 

それは

 

餃子

 

 

一度食べたくなると

餃子を口に入れるまで暴れまわり

ビルをなぎ倒し

街は更地に

山は谷に

海は水たまりへと姿を変えます

 

もはや天変地異です

 

そんな獰猛極まりない僕なので

先日作っておいしかった餃子を

凶暴に紹介します

 

 

鶏肉餃子 

f:id:tanakonaoko:20170305171643j:image

 

まずは

 

鳥の死体を切り刻んだものと

原型を留めていない植物

デカイ菌類はグチャグチャに

黄色い根っこは粉々にしてやろう

やめてと泣き叫んでもやめねーぜギャハハハハ!!!

 

 

 

 

 

[お知らせ]

突然ですが、

私は凶暴になった経験がない、という一身上の理由により

これ以上凶暴に餃子のレシピを紹介することができません。

大変遺憾ですがここからは通常通り紹介させて頂きます。

 

 

鳥もも挽肉

小口切りにした万能ネギ

刻んだしいたけ

微塵切りしたでショウガ ()

 

醤油

みりん

片栗粉

 

を混ぜ合わせこねる

 

f:id:tanakonaoko:20170305171540j:image

 

ネギとしいたけは大量に

 

タネができたら皮で包んでいく

 

f:id:tanakonaoko:20170305171851j:image

 

皮の淵に水をつけ

ヒダを作りながら包む

 

f:id:tanakonaoko:20170305171911j:image

 こうして

f:id:tanakonaoko:20170305171935j:image

 こうなる

 

餃子の包み方ほど言葉で伝えるのが難しいものはない

強いていえば

あんを皮で包めてたらおーけい

 

f:id:tanakonaoko:20170305171956j:image

 

片栗粉を下にまぶしながら並べていくと

焼くときに羽ができてパリッとなる

 

f:id:tanakonaoko:20170305172011j:image

 

サラダ油を引いて並べ

強火で音がしてきたら

中火に落としてお湯を注ぐ

蓋をして待つ

 

f:id:tanakonaoko:20170305172019j:image

 

水がなくなってきたら

フライパンのふちから

ごま油を少々回しかける

 

水気が飛んでカリッと焼けたら

完成。

 

f:id:tanakonaoko:20170305171643j:image

 

タレは

めんつゆ

お酢

コショウ

糸三つ葉

 

男子ごはんで紹介していた

めんつゆベースの餃子の食べ方

 

たっぷりの三つ葉と一緒に食べると

めんつゆの出汁の香り

ごま油の香ばしい香り

そして三つ葉の風味

噛んでいくと

しいたけの旨味

鶏肉の肉汁が溢れて

 

5つの要素が渾然一体となって舌の上を優雅に舞い踊ります

遊○王で例えるとまさしくエグゾディア

飲み込む前に勝負が決まります

 

鼻に突き抜ける風味と

脳天を直撃する暴力的な美味しさに

驚き惚けること間違いありません

 

食べきれないときは

冷凍しましょう

 

焼けば好きなときに食べられるし

スープなんかにアレンジもしやすくなります

 

 

ヒジキとパクチーの餃子スープ

 

f:id:tanakonaoko:20170305172158j:image

 

パクチー苦手克服計画の一端料理です

 

 

鍋に水を入れ火にかけ

スライスしたしいたけと

缶詰のヒジキを加え

 

ナンプラーと酒で味付けし

パクチーの茎の部分を刻んで入れ

餃子を凍ったまま投入する

 

塩と砂糖で味を整え

火が通ったら器によそい

大量のパクチーを乗せる

 

完成。

 

 

f:id:tanakonaoko:20170305172207j:image

 

あっさり簡単スープなので

朝ごはんにちょうどいいです

 

ナンプラーパクチーの相性に加え

鶏肉餃子からでる鶏肉の旨味が

食欲を進めます

 

いける…!

パクチーいけるぞ……!!!ハァハァ…

僕だってパクチーがいけるんだああああ…!!!!ハァハァハァ…

 

順調に味覚の調教が進行中です

 

それでは

 

「※筆者は特別な訓練を受けています。一般の方は真似しないで下さい」

 

僕は高校1年生くらいから

体重がほぼ変わっていないんですが

 

身体検査では必ず

やや痩せ型

をキープしてきたわけなんですが

 

先月、2月の間だけで約5キロ痩せました

 

5キロも増減したことがないので

イメージできないのですが

 

100g138円の豚コマで換算すると

5キロで6900円もします

余計にわからなくなりました

 

とりあえず僕にとっては大変なことです

 

ではこのとっておきのダイエット術

いえ、ダイエット秘術を伝授しましょう

本来20年間の下積み修行を経て初めて許されるこの技

特別にお教えします

 

 

1ヶ月の間に3回お腹を壊す

 

 

たったこれだけです

僕は実際に

 

2月上旬  ノロウィルス

2月中旬  バリ島の謎の腹痛

2月下旬  急性胃腸炎

 

とこのように

非常に整ったペースで

細菌に蝕まれました

 

月の半分は点滴とOS-1しか口にしません

このダイエットの良いところは

努力とか継続とか頑張る必要が一切ないことです

嫌でも何も食べられません

 

体の中からすべて排出され

空っぽになる感覚

腹部の痛みと空腹の中で

新たな境地に達してしまいそうになります

 

皆さんも-5キロ目指してレッツ ウイルス!

(※筆者は特別な訓練を受けています。一般の方は真似しないで下さい)

 

 

前回のあらすじ

つきたてのお餅ができた!

 

 f:id:tanakonaoko:20170303154002j:image

 

ということで

まずはそのまま

 

 f:id:tanakonaoko:20170303154016j:image

 

ぽっにょぽにょでほんとかわいい

 

f:id:tanakonaoko:20170303154118j:image

 

f:id:tanakonaoko:20170303160024j:image

 

アンコときな粉でいただきます

 

f:id:tanakonaoko:20170303154150j:image

 

f:id:tanakonaoko:20170303154241j:image

 

きな粉はお好みの砂糖を混ぜて

 

時間が経つと固くなってきますが

少し焼けばフワフワで香ばしくなります

 

f:id:tanakonaoko:20170303154353j:image

 

ごちそうさまです

 

続いて大福を作ってみます

しかも……

 

 

f:id:tanakonaoko:20170303154444j:image

 

デデーン!!!!!!

 

いちご大福!!!

 

お正月だったので奮発しました

 

f:id:tanakonaoko:20170303154548j:image

 

作ったことなんてないからここからは

雰囲気で!

 

f:id:tanakonaoko:20170303154644j:image

 

何このビジュアル

掌の上で幸せが踊っているよう

 

しかし包むのが難しい……

 

ちゅちゅむのがむじゅかしい

 

 

可愛く言っても依然難しい

 

そして気がつく

 

f:id:tanakonaoko:20170303154827j:image

こうすればいいじゃないの

 

 

試行錯誤を繰り返し…

 

f:id:tanakonaoko:20170303154907j:image 

 

酉年いちご大福 

完成。

 

 

f:id:tanakonaoko:20170303155015j:image

長男のジュブナイル

タンドリーチキンになるのが夢

 

f:id:tanakonaoko:20170303155113j:image

次男のデストロイマーチ君

「夢を持たずして生きてるって言えるのかい?」が口癖

 

f:id:tanakonaoko:20170303155355j:image

三男のチョモランママッチョランニング君

空を飛べる

 

 

f:id:tanakonaoko:20170303155537j:image

 

今年はどうなるかな。

と思わずききたくなるような愛くるしい大福ができました

 

ちなみに顔はいちご、ゴマ、ゆずの皮で作りました

 

f:id:tanakonaoko:20170303155710j:image

 

今更ながら今年も良い年になりますように。