読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉痛観察

しょうもない日常とつくったごはんを徒然なるまま書き残す。

「理想の女性は射手座のB型かO型の年の差3歳以内の辰年で東か南にいて経済力はないが誠実な女性」

f:id:tanakonaoko:20170313125029j:plain

 

はじめての御祈祷、してもらってきました///

 

 

なんたって今年は本厄の年

 

男性は数え年で

25歳、42歳、61歳

 

女性も数え年で

19歳、33歳、37歳、61歳

 

数え年というのがややこしいのですが

生まれた年を1歳として

以後新年を迎える毎に+1歳していくという数え方

 

今年の7月で24歳になる僕は

数え年で25歳なのだそう

 

25歳って大変なことだ

 

 

 

 

 

 

25歳って大変なことだ

 

 

大変なことだから

とりあえず

飲んで忘れよう

 

ということで

 

f:id:tanakonaoko:20170313124648j:plain

 

もらったお神酒を飲み干しました

 

体内から清められるうう

 

 

ちなみに僕は

阿佐ヶ谷 神明宮

という天照大御神(アマテラスオオミカミ) をお祀りしている神社に

お祓いに行ってきました

 

何故ここへ参拝したかというと

阿佐ヶ谷駅から徒歩2分という好アクセスにも関わらず

「阿佐ヶ谷神明宮唯一八難除祈祷」

という御祈祷をしてくれるからです

 

 

八難除祈祷とは何ぞやと言いますと

 

八難除(はちなんよけ)とは、全国で唯一、当神明宮だけが行っている御祈祷方法であり、年齢から来る厄年の災い(厄除)、方位や地相・家相を犯したことに起因する災い(八方除)、火や水や人の災い、因縁から来る災いなど、現世に数多ある災難厄事総てを取り除く御祈祷です」(公式ウェブサイトより抜粋)

 

です。

 

とにもかくにも

全ての災いを取り除くという神がかり的な御祈祷なのです

 

 

そもそも厄年というのは

就職や退職など

人生の中での大きな変化のある年であって

そのために生活や精神が不安定になるので

気をつけましょう

という意味もあるとのことなので

 

神様のご加護をうけ

慎ましく用心深く生きていれば

きっと大丈夫

 

欲に負けず慎ましく

 

あれが欲しいこれが欲しい

なんてもってのほかです

 

自分本位に欲望のままに求めるのではなく

相手を思いやり

周りに気を使って

慎まs…

 

f:id:tanakonaoko:20170313160703j:image

 

 

彼女が欲しい。(ドドンッ!!!)

 

 

 

御祈祷の申込時に88種の願い事の中から

ひとつを選んで祝詞を読んでいただけるのですが

 

唐突に88種類もの四字熟語が並んだ表を見せられて

あなたの願いはどれ?

と言われてもさっと選べるわけがないじゃないですか

 

でも僕は圧倒的速さで決めました

 

 

――良縁祈願

 

 

ありったけの煩悩を力に変えてそう叫びました

 

 

 一緒に行った友達は

「神威拝戴」

 

とすごくいい声で言っていました

 

祈祷の後

彼の右腕に黄金色のオーラが纏われていたことは

言うまでもありません

 

ちなみに僕ら2人、

神威拝戴の意味はわかっていません

 

 

そして煩悩の亡者と化した僕と

右腕に何かを宿した友人は

恋みくじを引きました

 

結論だけいうと

 

射手座のB型かO型の年の差3歳以内の辰年で東か南にいて経済力はないが誠実な女性

 

が理想的なようです

当てはまる方のご連絡をお待ちしております

 

 

そんなこんなで厄除けの祈祷を受け

清々しい面持ちで神社を後にしました

 

慎ましく気を付けてこの1年を過ごしたいと思います

 

 

そしてついに

東京から秋田の実家に舞い戻ってきた僕ですが

実家内で最も暇な人間であることには

弁論の余地もないので

 

花嫁修業と称して

毎晩せっせと夕飯を作っている次第です

 

 

初日は

ポーチドエッググラタンとローストポーク

 

 

まず玉ねぎを薄くスライスして3分ゆでる

ざるで水を切って

多めのバターでよく炒める

 

しんなりしてあめ色に近づいてきたら

えのきを加えオリーブオイルを足す

 

火が通ったら小麦粉を加えて炒め

牛乳とお湯にといたコンソメを

少しずつ加え

塩コショウで味を調節

 

f:id:tanakonaoko:20170313124715j:plain

 

ホワイトソースができたら

グラタン皿に半量入れ

 

別で作ったポーチドエッグをのせる

 

f:id:tanakonaoko:20170313125055j:plain

 

 ポーチドエッグは

多めのお湯を沸騰させ

中火に落としてお酢を少量加える

混ぜて渦を作ったら

真ん中に卵を割りいれ

2~3分放置でできちゃう

 

のこりのソースをかぶせ

とろけるチーズと粉チーズをかけて

 

f:id:tanakonaoko:20170313125100j:plain

 

220℃のトースターで20分

完成。

 

f:id:tanakonaoko:20170313122951j:plain

 

 ローストポークはこちらを参照↓↓↓↓↓↓↓

 

tanakonaoko.hatenablog.com

 

 

f:id:tanakonaoko:20170313124738j:plain

 

今回はトマトソースで 

 

マッシュルームとトマト缶に

オリーブオイルと刻みバジルと

醤油とコショウで

 

f:id:tanakonaoko:20170313125044j:plain

 

スプラウトとレタス

パセリを用意 

 

f:id:tanakonaoko:20170313125033j:plain

 

盛り付けて

完成。

 

f:id:tanakonaoko:20170313123024j:plain

 

やっぱビーフよりポーク派だな~

 

f:id:tanakonaoko:20170313122917j:plain

 

 

恋みくじには恋の歌が載っていました

 

アイスクリーム

甘く悲しく

別れては

偲ぶ恋なの

想はつのる

 

 

別れはつらいです

でも僕の片思いに対して

諦めるな!将来性があるよ!

と書かれていたので

おみくじっていいやつだなー

って思いました(単純)

 

 

嗚呼、雪見だいふく食べたい

 

 

「看板を真下から見る」

 

 

f:id:tanakonaoko:20170309124335j:image

 

 

看板を真下から見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近頃イチ押しの時間の潰し方です

 

 

看板を真下から見ることがあるでしょうか

 

まず無いと思います

理由は2つあります

 

1つは看板を真下から見ようと思うことがないから

当然です

 

2つ目は看板の真下には何の情報もないから

これです

 

本来離れた位置にいる人間に対して

何らかの情報を視覚的に伝えるのが

看板の役割です

 

真下ということは

その情報がすでに伝わっている状態でなくてはいけないのです

もしくはもはや情報を伝える必要がない状況下にあるのです

 

だから誰も看板を真下から見ることはありません

 

 

だからこそ是非見てみてほしいのです

 

 

人は仕事をしているとき

必ず何らかの役割を果たしています

 

友達といるときも

家族といるときも

自分が相手にとっての”誰か”である以上は

きっと役割を演じています

 

役割を演じていないのは

赤ちゃんのときと

愛する人といるときと

1人でいるときくらいです

 

その瞬間だけが

その人が真に素でいられるときなのです

 

その素の瞬間を幾つ知っているかで

人との距離は決まってくるのではないでしょうか

 

 

人の素をみてあげる

自分の素をみせてあげる

 

そうすれば人と人との相性はより顕著になって

人の好き嫌いが明確になって

却って健全で良好な人付き合いが成立するような気がします

 

つまり看板を真下から見ることは

そういうことなのです

 

僕は一体何を言っているのでしょうか

 

 

 

僕は駅のホームが苦手です

 

改札をピッと入ってしまうと

 

もうお前は電車に乗るしかないんだ

電車が来るまでこのホームから抜け出すことはできないのだ

 

って逃げ場を奪われるというか

自由を奪われるというか

漠然とした閉塞感と中途半端に薄暗い感じが

どうも好きじゃありません

 

だから僕は

予定より早く駅に着いて

電車が来るまで時間があるときは

改札を入らないでできるだけ外で待ちます

 

この暇つぶしに

看板を真下から見ているよ

 

 

っていうだけのお話です

 

 

 

せっかく看板の話をしたので

今まで撮ってきた看板の写真の一部を載せます

看板や標識なんかが昔から大好きで

気がついたらシャッターを押してしまいます

 

カラフルで

時代を感じられて

何かを主張している

ひっそりと

そして大胆に

 

そんな看板たちのポートレート

ご覧ください

 

 

f:id:tanakonaoko:20170309124441j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124453j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124506j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124514j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124525j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124533j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124542j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124555j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124605j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124613j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124622j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124807j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124819j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124826j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124837j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124846j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124856j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124905j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124916j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124924j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124932j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124945j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124952j:image

f:id:tanakonaoko:20170309125002j:image

f:id:tanakonaoko:20170309125009j:image

f:id:tanakonaoko:20170309125016j:image

f:id:tanakonaoko:20170309125024j:image

f:id:tanakonaoko:20170309125030j:image

f:id:tanakonaoko:20170309125042j:image

f:id:tanakonaoko:20170309125051j:image

f:id:tanakonaoko:20170309125101j:image

f:id:tanakonaoko:20170309125111j:image

f:id:tanakonaoko:20170309125121j:image

f:id:tanakonaoko:20170309125128j:image

 f:id:tanakonaoko:20170309124416j:image

 

看板の愛らしさに気がついてもらえれば幸いです

 

 

ふと思ったのは

こうしてブログを書いていると

ブログをやる理由って

自分の”好き”を誰かに知ってもらいたいという気持ちが

決して押し付けがましいものではなくて

興味を持ってもらえたらっていう純粋な気持ちが

あるからなのだろうかと

思いました

 

 

本日は丁寧な語り口調でお送りしました 

それでは

 

 

 

「卒業するから思うこと。『旅する魔王の物語』」

 

ちょうど1年前

僕はこんな記事を書きました

 

tanakonaoko.hatenablog.com

 

 

卒業する先輩との別れを経て

感じたことを自分の言葉でまとめたものです

 

そしてあっという間に1年が経過し

今度は僕が卒業する番となりました

 

サークル、ゼミ、バイトを始め

様々なコミュニティを卒業し

東京にいる友達に別れを告げる

そんな時期です

 

 

交友関係が広いとは言えない僕ですが

様々な友達に会い

f:id:tanakonaoko:20170305165309j:image

色々な餞別を頂き

f:id:tanakonaoko:20170305165357j:image

多くの言葉をもらい

f:id:tanakonaoko:20170305165407j:image

たくさんの思い出を胸にしまいました

 

 

お世話になったバイトのチーフと最後に飲んだ時に言われたのが

 

「社会に出るにあたって俺から言えることはたった1つ。

ーー人を大切に。」

 

 

これから仕事で出会う人たちのことはもちろん

今の僕にできること

友達を大切にすること

 

地球上の60億人のうちの一握りにも満たないけれども

多くの人々と出会い

その出会った中でも仲良くなりたいと思い

その仲良くなりたいと思った中から実際に友達になり

その友達の中でもまた会いたいと思う

そんな巡り合わせで出会えた

人たちを大事にしていきたいと思います

 

でも思うのは

卒業が最後じゃないということ

別れが永久じゃないということ

 

東京にこれからもいる人たちにとって

地元に帰る人は遠くに行ってしまうように感じるかもしれないけど

 

地方に行く人にとっては

東京に行けばみんなに会える

と安心感さえあります

 

時間的にも距離的にも会うのは難しくはなるけど

 

笑顔で

またね、

と言って別れたいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魔王は1人だった

 

 

f:id:tanakonaoko:20170307123818j:image

 

 

2本あるうちの1本の角が折れているから

 

勇者に受けた傷がある魔王は
他の魔王たちから馬鹿にされ
無視され
仲間外れにされてしまう


でも魔王は
生まれた時から角が折れていたのだ

 

ドロドロの闇と
ゾッとするような混沌から生まれた魔王

 

手の平からでる炎は
世界を焼き尽くすまで消えないだろうし
どんなに鋭い剣だって
傷1つつけることはできないはず

 

立派な魔王だ


でも孤独だった

 

 


あるとき
勇者との戦いにそなえてランニングしていた魔王は
他の魔王と出会った

 

 

f:id:tanakonaoko:20170307123902j:image

 

 

彼は片方の翼がなかった

 

彼らは打ち解けた
初めての理解者だった


1人では怯えているだけだったが
2人になると勇気が湧いた

 

他の魔王たちに会いに行こう

 

片翼の魔王が言った

 

 

 

山を越えると3人の魔王に会った

2人が1人を罵って笑っていた

 

ツノ折れの魔王は勇気を出して言った
後ろには片翼の魔王がいる

 

何故彼をいじめるんだい

 

いかにも強そうな大きい2人は答えた

 

顔に傷があるんだぜ

 

そう言って笑いながら去っていく

 

 

f:id:tanakonaoko:20170307123947j:image

 

 

片翼の魔王が彼に肩を貸すと
彼は立ち上がって言った

 

きっとあいつらも勇者に出会ったことなんてないんだ

 

2人の魔王は驚いた
彼の顔の傷も勇者によるものではなく

不注意の事故で負ったものだという

 

なのになんで僕らをいじめるのだろう
3人は考えた

 

議論しながら3人は歩いた

 


地獄の果てまで歩き続けた

ここまで来るのにたくさんの魔王に出会った

 

でも不思議なことに勇者にも
勇者に出会ったことのある魔王にも
ましてや魔物にだって会うことはなかった

 

 

3人は
魔王って何だろうと考える


でも答えが出ないままここまできてしまった

 

 

地獄の果てには
扉が3つあった

 

 

f:id:tanakonaoko:20170307124006j:image

 

 

青い扉と

黄色い扉と
赤い扉

 

扉は1人が入ると消えてしまう魔法がかかっていた


この扉の先に何があるかはわからない
3人一緒かもしれないし
別々かもしれない

 

それぞれ好きな色の前に立った

 


片翼の魔王が言う

3人バラバラでもこの強い魔力があればまた会える

 

顔に傷の魔王が言う

でも結局勇者に会った魔王はいなかったね

 

ツノ折れの魔王が言う

僕らは他の魔王にびくびくする必要はないのかもしれないね

 


そう言ってツノ折れの魔王は扉に絵を描いた

2人が聞く

 

それは?

 

ツノ折れの魔王は答える

 

”ニンゲンカイ”というところにいるらしい生き物さ
2人へのメッセージだよ

 

そう言い残して扉の向こうに消えた

 

 

 

 

 

 

 

この世界には魔王しかいない

 

 

 

 

 

f:id:tanakonaoko:20170307124041j:image

 

 

 

”またあおう”

”まおう”