読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉痛観察

しょうもない日常とつくったごはんを徒然なるまま書き残す。

「料理と食事は別次元」

 

第一回 料理について

 

f:id:tanakonaoko:20150303114352j:plain

 

今日は3月3日、ひな祭り

 

よっしゃ、ちらし寿司つくる!

 

 

 

って意気込んだけど

 

男1人でひな祭りを祝うことほど気持ち悪いこともない

祝うって何を祝うんだ

 

と朝から悲しい気持ちになりました

 

 

先日

密林から届いた一枚のDVD

 

エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン」

 

(僕のクレジットカードが火を噴きました)

 

f:id:tanakonaoko:20150303114501j:plain

 

f:id:tanakonaoko:20150303114524j:plain

 

2011年7月に閉店したスペインにある三ツ星レストラン

 

エル・ブリ

 

45席のシートに年間200万件の予約希望が殺到する

ーー世界一予約のとれないレストラン

 

その伝説のレストランの新メニュー作りを追った

ドキュメンタリーなんだけど

 

観た瞬間

料理の可能性の大きさに

圧倒され

 

今までの料理への認識が

粉々に砕かれる

 

科学技術や先端技術をも駆使し

素材ひとつに対しできる限りの調理を加え

理想の状態を探り出していく

 

f:id:tanakonaoko:20150303120954j:plain

 

 

ーー料理はもっと自由で

不可能なんてない

 

そんなわくわくを与えてくれた映像でした

 

 

ということで料理について

 

僕が料理をやろうと思ったきっかけ

 

美味しい料理を食べて感動したから

とか

食べてくれた人の笑顔がみたいから

とか

色々あると思う

 

確かにそれはある

 

けれど

それは作るようになってから感じたことで

きっかけじゃない

 

始まりはそう

あの寒い冬の日のことでしたーー

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tanakonaoko:20150303114549j:plain

 

ーー僕は「とらドラ」に出合った(森〇レオ風)

 

ドン引きされる音が

まるで干潮時にひいてく海のように

聞こえます

 

f:id:tanakonaoko:20150303114620j:plain

 

とにかく

このアニメの高須竜児というキャラクターに憧れ

いつかヒロインの逢坂大河のような子が

転がり込んで来たら

ニンニクのきいたチャーハンをふるまう

 

それだけのために

 

家の夕飯の手伝いをするようになりました

 

それが

高校受験がいやすぎて

中3の正月にワンピース370話ほどを2周し

コードギアスコードギアスR2を

1日で観終わっていたアニオタ全盛期のこと

 

 

それから時がたって

大学生

 

外食やコンビニ食、レトルト

コスパが悪すぎるから

という理由で料理を再開し

 

どうせ作るならおいしい方がいい

を信念に料理を趣味として続けている

 

ただ

つくるようになって考えることは

 

僕があと千年料理を頑張ったとしても

絶対越えられない料理があるということ

 

それは

――僕以外の人が作った料理です

 

たとえそれがレトルトでも

ご飯を炊いただけでも

ウンコでも

僕が半日かけて作ったごはんより

圧倒的においしい

 

絶対に越えられない壁です

 

だから僕が料理を作ること

僕がご飯をたべること

とは

まったく異なる次元

 

人に作って喜んでもらえるのはすごくうれしいし

それ以上に作ってもらえるのはもっと嬉しいし

だからこそ

 

料理って素晴らしいなあと思う今日この頃です

 

 

第二回に続く、