読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉痛観察

しょうもない日常とつくったごはんを徒然なるまま書き残す。

「14日は毎月1回やってくる」

今週のお題「バレンタインデー」

 

 

 

くれぬなら

 

自分で作ろう

 

ばれんたいん

 

吐いた血反吐が

 

エッセンス☆

 

 

 

これ誰の歌かわかりますか

 

 

 

 

 

 

 

くれぬなら

くれるまで待とう

ばれんたいん

 

 

 

という気の長い家康

もらうという意味の「くれる」を

日が「暮れる」にかけているあたり

趣を感じます

 

 

 

 

 

くれぬなら

殺してしまえ

ばれんたいん

 

 

 

と歌った破壊者たる信長

ばれんたいんという刹那を淡々と

表現しており荒々しさとともに

静けさまで感じ取れます

 

 

 

 

 

 

 

――そうです

 

冒頭の歌は

あらゆる知恵策略を駆使して天下を掴み取った

秀吉の歌です

 

 

最後の七七の部分には

涙ぐましい努力と忍耐が見て取れて

切なくもなります

 

しかしそんな悲しみも

最後に添えた☆でコメディに変えてしまう

 

猿と呼ばれた男の生き様を伺えます

 

※このお話はフィクションです。実在の人物や団体などとは一切関係ありません。

 

 

 

 

今日の料理は朝ごはん三種

 

 

チョコは作りません

お菓子作りに関して

男子は女子に絶対かなわない

と思うので

 

 

 

うちの妹も

小さいころから

ことあるごとにお菓子を作っていましたが

そのクオリティに圧倒され続けてきました

 

 

 

バレンタインに妹からしか手作りチョコをもらったことのない

僕が言うのだから間違いありません(間違いない)

 

 

 

 

 

あれ・・・

視界が滲んで画面が見れないぞ・・・・・・

 

 

 

 

 

まあ冗談はさておき

 

 

生ハムのアンチョビパスタ

 

 

f:id:tanakonaoko:20160214121244j:plain

 

オリーブオイルでアンチョビペーストを炒め

香りがたったら玉ねぎとエリンギを炒める

 

玉ねぎが透明になったら火から離し

別鍋で麺をゆでる

 

途中茹で汁を

ソースに加える

目安はオリーブオイルと1:1くらいで

 

たりなかったらオリーブオイルを足して調節し

フライパンをゆすって

白く乳化させておく

 

 

表示より1分ほど短く茹でたら

ざるにあげよく水を切って

ソースに絡める

 

皿に盛って

刻んだ生ハムをのせ

 

ブラックペッパーとクミンシードを

適量で振りかけて

完成。

 

f:id:tanakonaoko:20160214121249j:plain

 

アンチョビの塩気と

クミンシードの爽やかさが

朝からいけるおいしさ

 

 

 

 

 

 

f:id:tanakonaoko:20160210105732j:plain

 

エリンギ炒めて塩コショウ

 

普通のスクランブルエッグ

 

レーズンパン(大好き)

 

 

 

 

 

 

ねぎと生ハムのオムレツ

 

f:id:tanakonaoko:20160214121230j:plain

 

刻んだ生ハム

ななめに薄くスライスした長ネギ

卵2個

砂糖

 

を混ぜて

強火で熱した多めのオリーブオイル

に入れる

 

軽くかき混ぜ

放置

 

揚げ焼きのようにして

周りが香ばしくカリカリに色づいてきたら

 

半分に折りたたむ

油を軽く拭き取って

完成。

 

ねぎが辛いのが嫌なときは

先に炒めてから

そこに卵液をいれたほうがいいかも

 

f:id:tanakonaoko:20160214121236j:plain

 

 

 

朝と言ったらコーヒーですよね

バイト先でメープルウォーターでコーヒーいれると

うまいと聞いたので

 

f:id:tanakonaoko:20160214121222j:plain

 

いつも飲んでる

実家から大量にパクってきた

スタバのドリップコーヒーをいれてみた

 

 

ブラックだけどほのかに甘みと

香りが強調されている

 

様な気がしないでもなくもないような感覚がしてやまないような気がする

 

 

 

 

 

 

 

 

では

最後にもうひとつ歌を紹介します

 

 

 

 

くれるなら

 

土下座でもなんでもしよう

 

ばれんたいん

 

でこから出る血で

 

愛を描こう

 

 

 

 

 

 

恥も外聞も

男の矜持も

全て捨て去った

魂の叫びとでも言いましょうか

 

 

 

額をこすりつけるまで土下座して

滲んだ血で

相手への愛を地面に描いて伝えるという

 

 

 

 

甚だキモチワルイ歌ですね

 

 

 

 

ちなみにこれは

 

 

 

 

 

僕の歌です。