読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉痛観察

しょうもない日常とつくったごはんを徒然なるまま書き残す。

「午前2時、僕はアダムとなった――」

 

みなさんこんにちは

 

f:id:tanakonaoko:20160228005332j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

禁断の果実食べてえ

 

が口癖のnaokoです

 

f:id:tanakonaoko:20160228005334j:plain

 

 

 

 

先日

ひょんなことから

深夜に家の台所の上に全裸で立つことになってしまったのですが

 

その時の自分の姿が

どこかでみたことあるなあ

と嫌な既視感に襲われ

ここ数日眠れぬ夜を過ごしていました

 

 

しかし

つい今しがた

それがなんなのかに気が付いてしまいました・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

――アダムだ

f:id:tanakonaoko:20160228005313j:plain

 

 

そう

アダムとイブのアダムです

 

素っ裸で台所に仁王立ちするその姿たるや

まさに人類の始祖

アダムだったのです

 

いやもはやアダムに似ているというより

アダムそのものだったと言っても過言ではありません

 

f:id:tanakonaoko:20160228005332j:plain

 

 

 

僕がアダムとなったきっかけは

そう

お風呂に入る前

バスタオルの上に眼鏡を置いたことでした

 

 

本来僕はバスタオルを持ってユニットバスの浴室に入り

トイレの上にタオルを置いているのですが

 

ついうっかり

タオルを浴室の外に忘れてきたのです

 

 

 

 

後の参事を知る由もなくのんきに

初代ガンダムのopを口ずさみながら

湯を浴び終えた僕は

タオルがないことに気づきます

 

ここからアダムとなるのは早かった――

 

 

 

 

ドアを開ける

寒い

タオルに手を伸ばす

届かない

飛び出て急いでタオルをひったくる

メガネ、飛ぶ

嫌な音を立てて落ちる

探すけど、ない

ぼやける視界で必死に探す

 

よく見えないからメガネをかけたいけど

そのメガネがないから探しているけど

よく見えないからメガネをかけたいけど

そのメガネを

 

 

ってうわああああああああ

 

見つけるのが難しいのは

運命の人でも

人生の目標でも

生きている意味でもなく

 

 

めがね!!!!!!

 

 

メガネを失くすだけで

果てしないパラドクスの大海に飛び込めてしまう

 

 

とここで自分の指先が震えていることに気が付く

 

 

 

――寒い

 

 

この季節の深夜に

全裸でびしょ濡れで

隙間風吹く玄関の前で這いつくばっていたら

そりゃあ凍えますよ

 

身の危険を感じまずは体を拭くことに

 

 

 

がしかし

今度はタオルがない!!!

 

一旦置いたはずのタオルが

どこに置いたのか見当たらない

 

 

Oh,shit…!

あまりの展開に

思わずネイティブ(錯乱)の英語が漏れる

 

 

とその時

 

 

 

 

ピー!!!!!!!

 

 

 

ピー!!!!!!!

 

 

 

 

 

な、何事!?

 

けたたましいサイレンが鳴り響く

 

 

 

 

 

 

 

――火事です!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

まじかよ!!!!!!!!!!!!!

 

 

火災報知機が爆音で近隣一帯に非常事態を告げる

 

 

 

おそらく開け放たれた浴室から漏れ出た湯気を

煙だと勘違いして作動したのでしょうか

赤いランプを点滅させ天井を照らしている

 

急いで止めなくては

 

 

 

しかし天井

届くはずがない

 

 

そこにあるのは

 

 

 

 

 

――台所のみ

 

 

 

 

 

 

僕は

 

 

 

 

 

全裸で

 

 

 

 

 

 

 

台所によじ登り

 

 

 

 

 

 

 

火災報知機を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もぎ取った

 

 

 

 

 

それはさながら禁断の果実のよう・・・・・・

 

 

 

 

 

 

一瞬にして静寂が訪れる

 

 

 

冷静さを取り戻し

周囲を見渡す

 

 

そこには

一人のアダムが

 

そして

台所には窓が一つ

 

 

 

f:id:tanakonaoko:20160228005314j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tanakonaoko:20160228005325j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tanakonaoko:20160228005329j:plain

 

 

 

 

東京都、某所

 

深夜2時

 

一軒のアパートの一室から見えるは

 

 

 

――僕のアダム

 

 

 

 

 

 

 

 

ああああああああああああああ

 

 

 

 

近場に無花果の葉があったならば

知恵の実を食べ全裸であることに恥ずかしさを覚えた本家アダムのように

下腹部に添えるのに

手にあるは火災報知器ただ一つ

 

 

 

僕はそっと台所から降りた・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

た、ち、あ、が、れ
たちあがれ
立ち上がれ ガンダム
君よ 叫べ
まだ 絶望に沈む 悲しみあるなら
恐怖をはらって 行けよ 行けよ 行けよ
うず巻く血潮を 燃やせ ガンダム
機動戦士 ガンダム ガンダム

(「翔べ!ガンダム!」2番より抜粋)

 

 

 

 

台所で立ちあがったのは

ガンダムではなく

アダムでした

 

恐怖をはらって
うず巻く血潮を燃やして

強く生きていきたいと思います

 

 

 

 

――というお話でした。

 

 

 

 

 

 

さて前回に引き続き

昔の料理を振り返ります

 

 

ひょっこりおじさんクッキー

 

f:id:tanakonaoko:20160226014224j:plain

 

 

クッキー作ろう

と思って型をとるなら

猫好きなら猫型

可愛いの好きなら

ハートとか星とかになると思いますが

 

僕はおっさん好きなので

おっさん作ろうと思い立ち

 

缶コーラを買ってきて

その缶を輪切りにして

ペンチでおっさん型に形成して

ホッチキスで止める

 

 

あとは普通にクッキー作って

型をくりぬいて焼くだけ

 

 

粉糖に卵白を混ぜてアイシングをつくり

そのうち半分にはココアを混ぜて

黒と白を用意する

 

顔とタンクトップを描いて乾けば

完成。

 

f:id:tanakonaoko:20160226014303j:plain

 

こうしたとこに植えれば

冬眠から目覚めたおっさんみたいで可愛さ倍増

 

 

 

にょき

f:id:tanakonaoko:20160226014341j:plain

 

 

 

 

 

 

にょきき

f:id:tanakonaoko:20160226014415j:plain

 

 

当時

ひとりで作ってたけど

めちょんこ楽しかった

 

みんなで思い思いのクッキー作るのも

楽しそうですね

 

 

 

 

では次回も過去の料理を紹介します

おっさんお菓子シリーズの

おっさんマカロンの予定です

 

 

へばな~