読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉痛観察

しょうもない日常とつくったごはんを徒然なるまま書き残す。

「おじさんマカロンの作り方」

今週のお題「好きな街」

 

前回の続き

 

tanakonaoko.hatenablog.com

 

 

 

 

今回は

生まれ育った地元秋田

近所をぶらぶらしてみます

 

f:id:tanakonaoko:20160311163144j:plain

 

家の周りはのどか

とはいってもド田舎というほどではないかと

 

 

自転車で片道40分かけて通った高校

その途中にある

僕だけの花見スポット

 

f:id:tanakonaoko:20160315020935j:plain

 

 

自分の部屋から見る夕日は

毎日違う顔を見せてくれるし

 

f:id:tanakonaoko:20160315020939j:plain

 

部屋の目の前を通る国道のせいで

勉強に集中なんてできません

 

 

f:id:tanakonaoko:20160315020936j:plain

 

雪降れば積もるし

 

近所の神社に行けば

落ち着くし

何でも話せるし(独り言乙)

力をもらえるし

 

世界で唯一の

僕だけのパワースポットです

 

 

近くには海だってあるし

 

f:id:tanakonaoko:20160315020914j:plain

 

おじさんはwwwwww

息子()と戯れているしwwwwwwwww

 

 

公衆トイレに入れば

 

f:id:tanakonaoko:20160315020932j:plain

 

大事なところを

水鉄砲などと煽られるし

 

 

耐えれるか!

自慢の消火栓

見せでやる!

 

と変な対抗心芽生えるし

 

 

f:id:tanakonaoko:20160315020941j:plain

 

空は広いし

 

f:id:tanakonaoko:20160315020933j:plain

 

なんか捨ててあるし

 

 

f:id:tanakonaoko:20160315021012j:plain

 

ここが行きつけのブックオフ

僕の聖地

 

いくら貢いだか

そこが知れません

 

 

f:id:tanakonaoko:20160315020933j:plain

 

そしてなんか捨ててあるし

 

 

 

 

 

というかほんとこれなんなんだ

 

蹄あって

まだら模様の皮膚で

二重でキュートなくりっとした瞳

いかしたおひげに

なんか受信しそうな帽子

 

なんだこれ!!!!!!

 

考えるほどにわからない・・・

 

 

そして田舎ならではのこれ

 

f:id:tanakonaoko:20160315020957j:plain

 

国道に「歩行者横断禁止」

 

こんなのなくても

車びゅんびゅん走る国道なんか

横断しないよと思うかもしれませんが

 

 

おばあちゃん

 

という生き物は

息をするように道路を横断します

 

何車線だろうが

横断します

 

時速60キロの車が走っていようが

時速50メートルくらいのおばあちゃんは

縫うように横断します

 

 

ちなみに中学生も

横断します

カマハンの自転車で

横断します

 

 

 

まあ田舎は駐車場が広いだけが取り柄ではありません

 

人間がより人間らしい生き方ができる場所ではないかと思います

 

 

ふるさと補正は多少ありますが

いつかはまた片田舎でのんびりと暮らせる日が来ればいいなと

思います

 

 

 

 

 

前々回に予告した

おじさんお菓子シリーズの

おじさんマカロン

 

f:id:tanakonaoko:20160225134805j:plain

 

 

 

 

ずんっ

 

 

f:id:tanakonaoko:20160225134713j:plain

 

 

これに関しては

手書きのレシピが見つかりました

 

f:id:tanakonaoko:20160315145412j:plain

 

3回作っていたんですね

 

おじさんマカロンは3回目に成功した時のものです

 

手作りレシピメモには

肉まんや角煮のレシピもあったので

これから数回にわたってやろうと思う

昔の料理紹介時に一緒にのせます

 

正直過去の自分の料理のほうがうまそうに見えるのは何故

 

 

 

 

 

f:id:tanakonaoko:20160225134821j:plain

 

粉糖・・・・・・・・・70g

卵白・・・・・・・・・45g

アーモンドプードル・・45g

グラニュー糖・・・・・30g

 

 

冷凍した卵白を半解凍で混ぜ

グラニュー糖を加え念入りにメレンゲ

 

粉糖とアーモンドプードルを2回ふるって加え混ぜる

 

ここでマカロナージュという

へらで生地を押し付ける作業をする

 

なぜやるかは忘れた

 

マカロナージュは生地がリボン状に落ちる固さで止め

絞り袋に入れ

クッキングシートに絞り出す

裏に鉛筆で丸のあたりを描いておくと

大きさをそろえられる

 

 

ここでまだオーブンには入れずに乾燥させる

 

風呂上りに化粧水も乳液もつけずに

むしろドライヤーを当てるような気持ちで

罪悪感をかなぐり捨て乾燥させまくる

 

 

手で触れるくらいになったら

200度に熱したオーブンで3分焼いて

ピエというふくらみを作り

 

150度くらいに下げ

アルミホイルをかぶせて焦げるのを防ぎつつ

15分程焼いて

 

完成。

 

f:id:tanakonaoko:20160225134837j:plain

 

 

 

f:id:tanakonaoko:20160225134713j:plain

 

f:id:tanakonaoko:20160225134732j:plain

 

f:id:tanakonaoko:20160225134748j:plain

 

「どうも、課長の重五郎と」

 

「無職の政重です!切った爪をビンに貯めるのが趣味です!課長は?」

 

「私は女子高生の髪の匂いを嗅いでなんのシャンプーかを当てられます」

 

「課長の趣味、怖すぎるね!」

 

 

 

と会話しているかのようなマカロンが完成しました