読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉痛観察

しょうもない日常とつくったごはんを徒然なるまま書き残す。

「卒業に触れて思うこと。『ある探検家の物語』」

 

 

ひとりの探検家が島にやってきました

 

 

 

 

 

 

f:id:tanakonaoko:20160327195419j:plain

 

 

 

 

 

島はとても魅力的でたくさんの財宝がねむっているのです

 

 

 

 

 

送ってくれた船の船頭さんは

探検家にひとつの石ころを手渡します

 

 

 

 

 

f:id:tanakonaoko:20160327202534j:plain

 

 

かれはそれをかばんにしまい

足取り軽く意気揚揚と島へと入っていきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐにかれはほかの探検家に出会いました

 

そのひとのかばんはずっしりと重そうです

 

 

 

 

探検家は

僕もまけてられないぞ

と自分をふるいたたせました

 

 

 

彼との別れ際

その探検家のかばんから

小石がひとつおっこちました

 

 

 

 

 

f:id:tanakonaoko:20160327202529j:plain

 

 

 

 

 

探検家はそれをひろいましたが

 

 

彼はずんずん進んでしまい

その姿はもうみあたりません

 

 

 

 

 

 

 

 

かれは小石をかばんにしまいました

 

 

 

 

 

かれは他の探検家に出会うたびに石を拾っていくことにしました

 

 

 

 

進むほどにたくさんの探検家と出会います

 

ときには熟練の探検隊に遭遇することもありました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし宝物はみつかりません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長く短い年月が過ぎ

 

探検家は島を一周しました

 

 

 

 

 

 

 

 

そこではむかしここまで連れてきてくれた船頭さんが待っていました

 

 

 

 

たくさんの宝物がみつかったようだね

 

船頭が探検家をみていいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやこれは全部石ころなんだ

 

探検家はかばんを広げてこたえます

 

 

 

 

 

すると続々とほかの探検家たちが集まってきました

 

 

 

 

みな島の探検がおわったようです

 

一様におおきなおおきなかばんをかかえています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探検家のひろげた小石を見て

はじめに出会った探検家がたずねてきます

 

 

 

 

きみも人と出会うたびに小石を拾っていたのかい

 

 

 

 

探検家はおどろきながらうなずきました

 

 

 

 

 

きみたちもなのかい

 

 

 

全ての探検家たちが同じように

人と出会うたびに小石を拾ってきたというのです

 

 

 

ほらみてごらんよ

 

 

そういって探検家たちは自分のかばんをひっくりかえします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると出るわ出るわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金銀財宝が山のように砂浜に落ちます

 

 

銀貨に金貨

 

 

宝石のちりばめられた王冠や

 

 

龍の首もひとふりで落とせそうなぴかぴかの剣

 

 

 

 

はたまた

 

 

最新式のテレビや洗濯機

 

 

お洒落な服やロードバイク

 

 

一年分のカップめんにメルセデス・ベンツまであります

 

 

 

 

 

 

f:id:tanakonaoko:20160327195423j:plain

 

 

 

 

 

ありとあらゆるものが出てきます

 

 

 

 

 

 

 

探検家たちはそのお宝の山にびっくり

 

みんな泣いて喜びます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして一通り宝物を眺めると

 

それぞれ自分のかばんから出てきた船や飛行機で島を出て行ってしまいました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとにひとり残された探検家は船頭さんの船で帰るしかありません

 

 

かばんをかついで船に乗り島を出ました

 

 

 

 

 

 

 

 

間もなくして探検家の船は

かばんにつめたたくさんの小石があまりにも重いため

静かに沈みはじめました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポツン

 

 

水面に残ったさいごの泡が

はじけて消えました

 

 

 

 

f:id:tanakonaoko:20160327202552j:plain

 

 

 

 

 

その後かれをみたものは

いたとかいなかったとか――

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人との出会いは宝物だと

よく言うとおり

かけがえのない宝物だと思います

 

でもその時点ではまだ石ころです

 

 

出会いがあれば別れがあるとも

言いますが

別れはその石ころを改めて見直す機会に過ぎません

 

 

それまでの間にいかに石ころを磨いてきたかで

どんな宝物にも変わっています

 

 

別れる際に

その石ころが金銀財宝に変わっていることに気がつき

その存在の大きさに気がついて

ひとは別れに涙します

 

 

しかしその宝物は石ころに戻ることはありません

 

すすけたりさびたりすることはあっても

少し磨けば輝きます

前よりもっと輝きます

 

 

 

大切なのは

磨くことだと思います

 

出会いと別れがかけがいのないものになるかどうかは

どれだけ磨くかにかかっています

 

 

たくさんの卒業に触れて

僕はそう思いました。