読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉痛観察

しょうもない日常とつくったごはんを徒然なるまま書き残す。

「朝起きることについて今までで最も多くの文字数を使ってつぶやきます」

さて

 

 

大学も卒業がチラつく時期になってきますと

素敵な人間が目につくようになってきます

 

 

格好いいな

立派だな

本当に同い年?

え、年下なの?

僕と時間の進み方が違うんじゃない?

精神と時の間にどれくらいいた?

同じ人間?

地球にきてどんくらい?

神?

 

 

同じ大学生という身分でありながらも

にわかには信じがたいような成長を遂げた人間が

嫌でも目についてしまいます

 

 

 

それほどまでに差が付く

その要因はなんなのでしょう

 

 

きっとさらに優れた人間や

才能が開花した人も

星の数ほどもいて

 

そういう人達は大学に来ることすらせずに

社会の一部として

世界の一片として

宇宙の一点として

すでに活躍しているのでしょう

 

 

 

そこまでいったらキリがありません

文系大学生に4年間で差が付く原因を考えてみました

 

 

 

 

 

 

――早起きできるかどうかです

 

 

 

 

 

 

一番基礎にこれがくると思います

 

 

いやもはや

朝という時間区分内に起きれるかどうか

これにかかっています

 

 

 

思い出してください

 

高校までのあなたは

8時には制服を着てご飯を済ませてすでに学校にいたのです

 

 

 

いまや昼起きるのが当たり前

3限から5限の授業しか授業と思っていない

 

1限がきつい

 

2限がきつい

 

6限はバイト

 

入学時に輝いてた瞳と

燃えていたやる気は

ピッチャーになみなみと注がれた謎の液体によって

見事濁りそして鎮火してしまったのです

 

 

 

これ以上やめてください

タイピングする指が震え胸が締め付けられます

恋でしょうか

いいえ武者震いです(冷や汗)

 

言葉のブーメラン放って

こころでむせび泣くのはこの辺にして

朝起きるにはどうすればいいのか考えます

 

 

 

 

 

今までいろんなことをやってきました

 

・目覚ましをスヌーズ

・5分刻み10連(覚醒の流星群)

・目覚まし時計2個がけ(ダブル・ウェポン)

・3個がけ(トリプル・アーミー)

・ベッドから最も遠いところに置く(対角線上のホライゾン)

・手の届かないかつ朝日の当たる窓際に置く(ヴァンパイア・デス・ロード)

・モーニングコール(神々の戯れ ※彼女彼氏がいるときのみ発動可能)

 

 

 

みなさんも経験あると思います

 

はっきりいいましょう

 

 

 

我々は起きて

 

 

 

アラームを止めて

 

 

 

 

また

 

 

 

 

寝ます。

 

 

 

 

これは抗いようのない習性です

そういう生き物なのです

 

私が有効だと思うのは

 

①テレビを視聴予約する

②目覚まし時計を隠す

③朝ごはんを食べる

 

の3つです

いたって普通かもしれませんが

なかなか効きます

 

 

①のテレビは最も簡単でリスクが少ないです

 

起きたい時間に勝手につくように設定して

寝る前に音量を30くらいにしておきます

 

 

正直びっくりして飛び起きます

 

 

そして

 

ご近所さんの迷惑だやばい

 

という強く緊迫した感情によって

たたき起こされます

 

 

この授業でないと単位落とす

ってときに寝坊したりすると

飛び起きてアドレナリン爆発しますよね

 

ジブリで風がないのに髪がぶわあってなるようなあの感覚

それを利用するのです

 

 

ただ②との合わせ技で

リモコンを隠すのは注意が必要です

 

 

リモコンとメガネという生き物は

人の目を盗んで逃げ隠れます

 

完全に人間をもて遊び嘲笑っています

 

 

忍者って知っていますか?

あれはリモコンとメガネのことです

 

 

そろそろメタルギアにお呼ばれされてもおかしくないほどに

隠密行動に長けています

 

 

朝見つからなくて

十二指腸が口から出そうな焦燥感の中

テレビのコンセントをぶち抜くことになるので

自己責任でお願いします

 

 

 

②はシンプルですが

本気で腹が立ちます

 

 

隠した昨日の自分を

冷凍した棒状のたくわんとかで小突きたくなります

 

 

 

 

 

そして今回最も伝えたいのが③です

 

 

f:id:tanakonaoko:20160415104254j:plain

 

寝る前に朝食の準備をしてしまいます

僕はごはん前に歯を磨くので

目覚まし止めるボタンの上に歯ブラシを設置します

 

f:id:tanakonaoko:20160415104248j:plain

 

これで嫌でも歯ブラシを手に持つ動作を行わなくてはなりません

 

 

ひとり暮らしの生活が堕落するのは

ひとえに朝ごはんが自動的に出てこないことにあると思います

 

目覚ましがなった時に

炊き立てご飯とあったかいお味噌汁があれば

起きて食べますよね

 

人は誰しも与えられれば行動できます

 

 

インターンとか面倒くさい意味ないだろ

って言ってる人も

たとえばサイバーエージェン○から

インターンに来てくださいあなたと働きたいです

明日昼ごろに家の前に向かいの車を出すので

もし来てくださるなら乗ってください

すべてはこちらで負担します

 

とかいわれたらきっと行くでしょう

 

興味ないライブのチケットをタダでもらって

開場も近かったら行くでしょう

 

 

そういうことです

 

朝ごはんがあれば起きるはずです

 

 

f:id:tanakonaoko:20160415104235j:plain

 

朝起きました

肌寒いときでも

エアコンのリモコンもセットしているので

逃げ帰ることもありません

 

 

マグカップ型の目覚まし時計で

セットした時間の5分前に自動で

スープをあたため

飲み終えないとアラームが止まらない仕組みで

アラーム音はラジオやクラシックや好きな音楽で流れ

ごはんを食べながら優雅な時間を提供してくれる

 

これで定価2000円くらいなら

売れると思うんだけどなあ

商品化してくれる方連絡お待ちしております

 

 

f:id:tanakonaoko:20160415104310j:plain

 

こんなぐでたまライフから脱却して

有意義な大学生活を送ってください

 

f:id:tanakonaoko:20160415104301j:plain

 

ぺろりーん

 

これで思い出したのですが

過去の料理シリーズでも

ぐでたま作ってました

紹介して終わります

 

f:id:tanakonaoko:20160226014605j:plain

「人間の血液もどろどろの半熟にしてやろうか」

 

 

f:id:tanakonaoko:20160225133555j:plain

 

 

 

f:id:tanakonaoko:20160225133620j:plain

「世界中のかき氷を大根おろしにかえたーい」

 

 

 

 

 

ぐでたまはそんなこと言いませんね

 

なんだかんだ言っても

朝はぐでぐでしているときが一番幸せです