読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉痛観察

しょうもない日常とつくったごはんを徒然なるまま書き残す。

「料理研究家が言いそうなセリフを添えるだけで料理が立派に見える法則」

 

むかしむかしあるところに

ひとりのおとこがおった

 

おとこはいつもジーンズをはいておった

母からもらったいっちょうらのジーンズじゃ

 

あるときおとこがあくあぱっつぁをつくっておると

ひざがやけにすずしい

 

おや、とおもってみると

なんとひざにおおきなあながあいておった

 

そのあなをのぞくと・・・

 

 

あなのなかからおびただしいかずの無駄毛が・・・!!

 

 

f:id:tanakonaoko:20170321112155p:plain

 

完全にタタリ神でした。

 

破れたジーンズから覗く

凶暴邪悪な足毛の群生

 

そこに規律はなく

四方八方に飛び出さんとする

荒れ狂う無法者たち

 

魑魅魍魎のごとく溢れ出し

百鬼夜行よろしく列をなし

天高く昇っていくよう

 

何より

デニムの青と無駄毛の黒が

驚くほど合わない

 

仕方ない縫うしかない

ということでジーンズの補修を検索

 

いろいろやりかたあるなー

当て布するのか

へー

なるほどなるほど

あ、この直し方いいな!

あーしてこーして……

 

うん、めんどくさい!

f:id:tanakonaoko:20170321111052j:plain

 

ということで剃りました

脱毛の限りを尽くしてやりました

 

この時の僕は

「キングダム」でいえば

桓騎将軍

 

秦国の将軍にして

最も残虐な男

 

女子供も関係なく

略奪、虐殺、陵辱の限りを尽くし戦に勝利する

彼の通った町は死体の山しか残らない

 

強さだけでなく頭脳もズバ抜けた切れ者である

 

f:id:tanakonaoko:20170321122109j:plain

 

「――脱毛を。」

 

f:id:tanakonaoko:20170321122746j:plain

 

「トン……」

 

 f:id:tanakonaoko:20170321132307j:image

 

「メ、メンズボディ むだ毛除毛フォーム……!!!」

 

f:id:tanakonaoko:20170321121940j:plain

 

こうして僕は残虐の限りを尽くして

両足つるっつるにしてやりました

 

体感温度的に2~3度は下がりました

寒い

 

しかし数日後には再び生えてくるすね毛たち

僕とこの呪いの戦いは長く続きそうです

 

f:id:tanakonaoko:20170321123306j:plain

 

 

毛の話の後で何ですが

今日の料理は

ラザニアと鶏モモ肉の香草焼きです

 

昔はラザニアを生地から作っていたんですが

難しいし鬼のように時間かかるし

今回は茹でずに使えるパスタを使用

 

f:id:tanakonaoko:20170321132320j:image

 

これがあると一瞬でできます

 

あとはミートソースとホワイトソースを作って

 

ラ肉白ラ肉白ラ肉白ラ肉チーズ

 

の順で重ねて焼くだけ

 

ミートソースは缶詰でもいいし

スパゲッティを作った時に冷凍しておけば

それでOK

 

ホワイトソースはチーズで代用しても

缶詰でもOK

 

面倒くさそうに思えて

実はいくらでも楽できる時短料理

 

f:id:tanakonaoko:20170318132838j:plain

 

粉チーズと生のトマト

最後にオリーブオイルなども足してアレンジ

 

オーブンで20分

 

パセリをかけて

完成。

 

f:id:tanakonaoko:20170318132941j:plain

 

鶏モモ肉は骨付きのボリューム溢れるものを

 

肉の厚いところに包丁をいれて

全体の厚みを均一にし

塩コショウ

ハーブソルトがあればそれを

塩は多めに

 

モモ肉を

スライスしたニンニクと

ローズマリー、タイムと一緒に

ジップロックに入れ

オリーブオイルを注いで

密閉して放置する

 

2~30分焦らしたら

フライパンにオリーブオイルをひき

ジップロックからニンニクを取りだし香りをつける

 

ハーブも焦げてしまうので

ニンニクと一緒に油に通して香りをつけて

取り出す

 

中火にして

鶏モモ肉を皮目を下にして投入

すぐに上に皿をのせ手で押さえつける

 

こうすると

皮が縮まず伸ばしてパリッと焼ける 

 

パチパチと弾ける音が収まったら

皿を取り

弱火に落として蓋をする

 

表面が白っぽくなり

皮がきれいなきつね色にカリッと焼けたら

ひっくり返して火を止めて

余熱で火を通す

 

火が通っていたら

皿に盛り付けて

オリーブオイルを振りかけて

完成。

 

f:id:tanakonaoko:20170318132428j:plain

 

皮パリ肉フワに焼けていると

ほのかな塩味とハーブの香りだけで

最高に美味しくいただける

 

安い肉でも肉汁たっぷり

焼き方の大切さがわかる料理です

 

f:id:tanakonaoko:20170318132914j:plain

f:id:tanakonaoko:20170318132502j:plain

 

急な来客でもさっと作れる2品ですので

是非お試しあれ

 

ちょっと言ってみたかった

理研究家が言いそうなセリフ

 

このセリフだけで立派な料理に思えてくる不思議

 

 

それではでは