筋肉痛観察

しょうもない日常とつくったごはんを徒然なるまま書き残す。

「明日やろう、は『やらない』と同義」

 

前回のあらすじ〜

 

「学生」から「社会人」へとジョブチェンジをして

早くも1年が経とうとしている

 

そんな衝撃の事実に

背筋どころか

全身のありとあらゆる筋を凍りつかせた僕は

 

再びブログ(という名の日記)を書くことを決意した

 

しかし

この一年で失ったものは大きかった

 

鈍る思考回路に

衰えた肉体

 

無に帰した判断力と

コミニュケーション力

 

元々なかったような気もするが

 

今までコンセントに繋いで動いていたのに

今や単3電池一本のみを背中に背負って活動している

そんな己のエネルギーの薄弱さを

思い知ることになった

 

 

そして

かつては料理をするために始めたブログのはずが

今となっては

ブログを書くためには料理をしなくてはならないことに気がつく

 

しかし湧き出ぬやる気

 

料理をするために

調理器具をあれこれ揃え

わざわざ車で2時間かけて陶芸までしに行く始末

 

 

そうして

ようやくブログを書く境地に到達したのである

 

しかし出来上がったものは

 

 

 

 

 


インスタントラーメン

 

f:id:tanakonaoko:20180318145100j:plain

 

 

そんなことではいけない

 

整えた武器を使いこなし

自分の眼を覚ますような

前衛的で先進的で爆発的な一品を

 

 

覚悟を決めた

惰性にまみれた男の

新たなる冒険が

再び幕を開けようとしていたーー

 

 

 

 

 

というわけで

原因不明の焦燥感に苛まれながら

冷蔵庫を開けてみる

 

(まずは今家にあるもので作ろう)

 

車を出し

寒空の下買い出しにでかけようとすると

面倒臭さが呪詛のように体に絡みついて

結局料理を諦めることが多いので

 

まずはあるものでアレンジすることに

(すでに惰性)

 

 

今ある食材を並べ

右手に包丁

左手に鍋

新品のそれらを装備し

 

考えること1時間

いや実際はもっと短かったのだろう

10秒程だったかもしれない

 

しかし精神の扉を開いていた私には

何十倍にも長く感じられたのだ

 

 

その時

思考の先に光が見えた

 

不安定だが力強い光だった

 

それを手繰り寄せるように

優しく掴み取る

 

 

 

 

 

 

 

それからはあっという間の出来事だった

 

ついに完成したのだ

 

私は

達成感に膝から崩れ落ちた

全身に

一滴のエネルギーさえも

残ってはいなかったのだ

 

湯気をたちのぼらせる

その料理を見て

それまでのことが走馬灯のように駆け巡る

 

 

出来上がった料理をご覧いただこう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tanakonaoko:20180318145719j:plain

 

 

f:id:tanakonaoko:20180318145717j:plain

 

 

f:id:tanakonaoko:20180318145103j:plain

 

 

うどんやないかーーーーい

 

麺つゆと冷凍うどんに

あるもののっけただけやないかーーーい

(こんがり焼いた福島県三春町名物「三春三角油揚」と三つ葉と梅干し)

(この油揚げがサクふわで、汁が沁みるとジューシーでとてもおいしい)

 

かろうじて包丁使ってるけども

使ってるけどもやないかーーーい

 

 

ごめんなさい

悪ふざけが過ぎました

(2連続の茶番)

 

結局あるもので

ささっと簡単に作る

 

が染みつきすぎて

手の込んだ料理をするということは

 

一人暮らしのしがない男には

結構難易度が高いのだ

 

という当たり前のことを再確認しただけでした

 

 

だけど

そういう男共が感じる

料理の面倒臭さ

を飛び越えて

料理してみようかなって思うには

どうすればいいのか

 

これから料理をしていく上での新しい課題を発見できました

 

どうでもいいことを長々と書くと

すっきりします

 

逆にどうでもよくないことってなんだろう

 

 

次は簡単にパスタを作ります

 

 

f:id:tanakonaoko:20180318145052j:plain

 

どうでもいいけど見た目が気に入ったお菓子の写真でさようなら

 

 

 

「328日の社会人」

 

頭のてっぺんがジップロックになっていて

パカっと開けて

脳みそをブルンと取り出せたら

 

ぬるま湯につけながら使い古しの歯ブラシで

シワのひとなぞりまでゴシゴシ洗うのに

 

そしたら、どれだけ気持ちいいだろう

 

 

そうでもしないと

 

そうでもしないと

“社会人”という煤がシワの溝に詰まって

表面つるっつるになってしまうんじゃないかと

曇り空に目を細めながら思う、今日この頃

 

ビジネス文書に飽きたので

久しぶりにここに来ました

 

思えば、この1年

 

自分の思っていること

 

考えていること

 

漠然と頭の片隅に現れて

すぐいなくなるそんなやつらを追い出すために

 

言葉や、文字や、絵やその他諸々に

触れる時間がめっきりなくなりました

 

知り合いといえば関係の希薄な職場の方々

 

久しぶりに会う家族や友人や同期たちの

「最近何してる」

に聞かれてはじめて考えるけれど

 

何も出てこない空しさ

 

 

映画やドラマをみて、ゲームをして終わる休日

風呂と夕飯と勉強で終わる平日

 

働いていてもなお

やりたいことをやりたいがままにやっている

そんな人たちのつぶやきを見るのが怖くて

SNSも開かなくなりました

 

気づけば上達している運転スキル

田舎暮らしが板についてきた

 

増える外食、増える白髪、増えるUNIQLO

 

休日は洗車と銭湯

 

自分の働きに関わらずもらえる給料に

生活できていける居心地の悪い安心感

 

ブリキの箱が積み重なったようなロボットでもこなせる仕事ですら

完璧にこなせないもどかしさ

歯がゆさ

 

 

寒い外から帰ってきて

慌てて飛び込んだのが

42度の底なし沼

みたいなこの現状

 

気づいたら腰までずっぽしはまって抜け出せない

 

というならまだいいけど

 

ほっとしたまま気づけば死んでいるなんて酷い結末も

用意されている「社会人」

 

社会人

 

 

まあ社会人って区分を

気がつけばもう受け入れているんだなぁって

思うけどそんなのはどうでもよくて

 

言いたいことはひとつだけ

 

料理やろう

 

 

やっぱり自分を作るのはご飯

おいしいご飯を食べなきゃ始まらない!

ってことで

 

f:id:tanakonaoko:20180224155435j:plain


じゃーーーん

 

社会人なったからぁいい包丁買ったよほ~

 

とかのたまいたいところですが

実は

帰省した時に母から譲り受け(た結婚式の引き出物のカタログから棚とか選んでも結局使わなくて押入れのはば取るだけなんだよなかといって食べ物とかにしても寂しいしてかなんでこういうカタログって最後のほうに必ず乗馬体験とかあるけど場所栃木とか長野といわれましてもって感じなんだよねってことであれば使うし包丁とか便利じゃない場所も取らないしというわけでこれに決め)ました

 

f:id:tanakonaoko:20180224155439j:plain

 

ホームセンターとかでもよく見かける

孫六作さん

 

左から

出刃、三徳、柳刃

です

 

裏社会を牛耳る三人衆みたいな羅列になった

 

ちなみに今まで使ってきた

暁里

って包丁も

 結婚式でもらったカタログ出身です

これはヒロインの名前みたい

 

うちの包丁で物語が紡げそうです

 

f:id:tanakonaoko:20180224155444j:plain

 

さらにもうひとつ

ドン

 

f:id:tanakonaoko:20180224155457j:plain

 

去年の冬にいただいた

圧力鍋ちゃんです

 

これの戦闘力たるや

ヘビィにユーズしてますが

圧倒的調理力を誇っております

 

ということでなんの偶然か

調理器具が揃ってきたので

これはつまり料理しろってことかな

 

外食ばっかでお金ないんやろ

 

ってことで今回ブログも再開となったわけです

 

そして気合入れる意味も込めて

 

f:id:tanakonaoko:20180224155419j:plain

 

ろくろで器も作ってきました!

初体験でしたがなかなか使えそうです

 

f:id:tanakonaoko:20180224155425j:plain

 

自分で作ると手にフィット

愛着があふれ出るってものです

 

というわけで長くなりましたが

これらを使って初めての料理といきますか

 

 

うおおおおおおおおお……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いでよ!!!!!!

インスタント・ラーメン!!!!!!!!!!!

 

f:id:tanakonaoko:20180224155506j:plain


フライパンで麺を茹でて

キッチンばさみでネギきっとるやんかーい
紹介したやつ使わんのか―い

 

というわけで茶番も確実にこなしたところで

次回から自炊再開しようと思います

節約するぞ、おお~

 

 

ぐだぐだしましたが

自炊メインに戻そうって

それだけの話なんですが

 

がんばるぞ?

 

f:id:tanakonaoko:20180224155452j:plain

 

「社会人と卒業と就活について今思うこと」

 

お久しぶりです

 

f:id:tanakonaoko:20170613215000j:image

 

前回の更新が4月9日

 

これを書いているのが6月13日

 

2ヶ月以上が経過しました

 

それはつまり私が社会人となって

社会の歯車になって経過した日数でもあります

 

一人称も「わたし」になりました

いや、

 

正確には

「ぼ(くと言いかけて)わたし」

 なので

「ヴァターシ」

って言っちゃっています

 

完全にエンポリオイワンコフです

f:id:tanakonaoko:20170613221448j:image

 

とこんな感じで社会の常識とやらに染められていく日々です

 

 

感性が鈍くなっていく

本当はそれが何より怖い

一人で食べる昼食よりも

月曜の朝よりも

 

 

ヴァターシの好きな曲のひとつで

バズマザーズの「恋文は下駄箱の中」の歌詞の一節です

 

こんなにも平素な言葉で

自分の中に燻っていた不安を言い当てられるなんて

思いもせず思い知らされた

そんな一節です

 

社会人になって

日の大半を

週の大半を

月の大半を

人生の大半を

歯車の一部として過ごすことになる

大半の人間に突き刺さる言葉ではないでしょうか

 

社会の歯車なんていうけれど

歯車が噛み合って回っているうちはいいんです

 

怖いのは自分が噛み合ったその歯車は錆びていないか

ということ

 

腐ったミカンが周りのみかんに腐敗を伝播させるように

歯車の錆びが自身を蝕んで

回ることすらしなくなって

回っていないことにも気がつかなくなって

こんどは自分の錆びが

新しく収まったピカピカの歯車をくすませてしまうこと

 

怖いなぁと

 

 

前回の記事で

次は卒業について

その次は就活について書きます

と宣いましたが

 

前者については

卒業は終わりじゃないんだなって

入学式と卒業式

みたいにセットで捉えてきたから

始まりと終わり

みたいに思うけど

卒業って単なる点、なんだなって今になって思います

 

でもすごく意味を持つ点、です

大切な点

ピリオドじゃなくて読点

 

 

 

そして後者について

就活について思うこと

 

それは

就活をしている時点でもう何かを妥協している

ってことです

 

本当にやりたいこと、好きなことを仕事にしている人は

就活なんて形式張った波に流されることなく

高校3年とか大学4年とか

そんな枠組みに押し出されることもなく

そして意識することもなく

その何かを仕事にしています

 

自分の中の何かに目をつぶって

自分の中の純粋な気持ちに言い訳して

無意識に何かを諦めて、何かに妥協して

そうやって気がつけば就活という波にのっています

 

足下の小さな板から落ちないように

何故落ちてはダメなのか自分では考えることもせず

必死にバランスをとって落ちないように

前に進んで行きます

 

その板の下には

広大な海が広がっているというのに

 

でもその板はいつかはどこかに到着します

 

背後の大海原に気がつかないふりをして

そのどこかで一生懸命頑張ります

 

それが就職して働くということだと思います

 

どっちがいいとか悪いとかいうのではなく

板から落ちちゃった人は1度海と向き合ってみては

いかがでしょうか

と提案をして終わりにしたいと思います

 

 

以上で卒業と就活についてまとめた

 

 

……ってことにします!

 

 

f:id:tanakonaoko:20170613224935j:image

 

ベッドとテレビと冷蔵庫しかなかった我が家にも

モノが揃ってきて

部屋らしさと

それに付随した生活のしやすさが増してきました

 

机の上がお気に入り

 

f:id:tanakonaoko:20170613225243j:image 

 

 

さて

ぼちぼち料理も始めようかな