読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉痛観察

しょうもない日常とつくったごはんを徒然なるまま書き残す。

「ぽっかりと、更地。血迷って、更新」

 

 

 

 

ドアを開けると

 

今まであったはずの

 

見慣れた

 

一軒家も

 

アパートも

 

小さな祠も

 

 

 

 

 

ーーきれいさっぱりなくなっていた

 

 

f:id:tanakonaoko:20150420132626j:plain

 

 

 

 

あって当たり前だと思っていたものが

突然なくなるなんて

実際失うその瞬間まで

夢にも思ってなかったわけで

 

 

 

でも

失ってしまうと

そういうこともあるんだな

って妙に変に当たり前に

常識面して受け入れてしまうもので

 

 

 

といっても

実際は業者の人が来て

重機が入って

ガンガンゴンゴンやり始めたのは

もうずいぶん前からのことなわけで

 

 

 

気づいてはいたけれど

自分ではどうしようもないと言い訳をして

見ないふりしてたんだけど

 

 

 

やっぱりぽっかり更地になってしまうと

こっちまで心にぽっかりと穴が開いた気がして

叫びたくなるのは

なんともいいがたい

嫌で痛くて切ない気持ち

 

 

 

f:id:tanakonaoko:20150420132414j:plain

 

 

この大きくて冷たい重機は

何年も何十年もそこにあった

そこにあるのが当然だった建物を壊したけれど

 

僕の心にぽっかりと穴をあけたものは

いったいなんなんだろうと

 

 

隣の小学校に咲く

子供たちの卒業と入学を見守った

桜の花びらが散りゆくのを眺めながら

雨に当たりながら

 

 

寝起きのままの恰好で

ふと考えてしまうのですよ

 

 

この雨粒は

僕の涙だったらいいなあと

こんなに泣けたらどんなに気持ちいいだろうかと

 

 

重機の動く振動に

腹の底を震わせながら

ふと思ってしまうのですよ

 

 

 

f:id:tanakonaoko:20150420132451j:plain

 

 

 

壊されかけた階段は

僕に100の絶望と

100の希望を与えたわけだけど

 

 

さあどうしようかと悩む僕は

今日も

踊り場で

 

 

ーー開き直ることに夢中です

 

 

 

 

f:id:tanakonaoko:20150420132318j:plain

 

 

アゴが伸びて

地面に突き刺さって

そのまま伸びて

伸びて

伸び続けたら

 

世界を見渡せるのになあ

 

と思う今日この頃です

 

 

 

以上

料理成分なしでお送りすますた。