読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉痛観察

しょうもない日常とつくったごはんを徒然なるまま書き残す。

「看板を真下から見る」

 

 

f:id:tanakonaoko:20170309124335j:image

 

 

看板を真下から見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近頃イチ押しの時間の潰し方です

 

 

看板を真下から見ることがあるでしょうか

 

まず無いと思います

理由は2つあります

 

1つは看板を真下から見ようと思うことがないから

当然です

 

2つ目は看板の真下には何の情報もないから

これです

 

本来離れた位置にいる人間に対して

何らかの情報を視覚的に伝えるのが

看板の役割です

 

真下ということは

その情報がすでに伝わっている状態でなくてはいけないのです

もしくはもはや情報を伝える必要がない状況下にあるのです

 

だから誰も看板を真下から見ることはありません

 

 

だからこそ是非見てみてほしいのです

 

 

人は仕事をしているとき

必ず何らかの役割を果たしています

 

友達といるときも

家族といるときも

自分が相手にとっての”誰か”である以上は

きっと役割を演じています

 

役割を演じていないのは

赤ちゃんのときと

愛する人といるときと

1人でいるときくらいです

 

その瞬間だけが

その人が真に素でいられるときなのです

 

その素の瞬間を幾つ知っているかで

人との距離は決まってくるのではないでしょうか

 

 

人の素をみてあげる

自分の素をみせてあげる

 

そうすれば人と人との相性はより顕著になって

人の好き嫌いが明確になって

却って健全で良好な人付き合いが成立するような気がします

 

つまり看板を真下から見ることは

そういうことなのです

 

僕は一体何を言っているのでしょうか

 

 

 

僕は駅のホームが苦手です

 

改札をピッと入ってしまうと

 

もうお前は電車に乗るしかないんだ

電車が来るまでこのホームから抜け出すことはできないのだ

 

って逃げ場を奪われるというか

自由を奪われるというか

漠然とした閉塞感と中途半端に薄暗い感じが

どうも好きじゃありません

 

だから僕は

予定より早く駅に着いて

電車が来るまで時間があるときは

改札を入らないでできるだけ外で待ちます

 

この暇つぶしに

看板を真下から見ているよ

 

 

っていうだけのお話です

 

 

 

せっかく看板の話をしたので

今まで撮ってきた看板の写真の一部を載せます

看板や標識なんかが昔から大好きで

気がついたらシャッターを押してしまいます

 

カラフルで

時代を感じられて

何かを主張している

ひっそりと

そして大胆に

 

そんな看板たちのポートレート

ご覧ください

 

 

f:id:tanakonaoko:20170309124441j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124453j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124506j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124514j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124525j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124533j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124542j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124555j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124605j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124613j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124622j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124807j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124819j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124826j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124837j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124846j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124856j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124905j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124916j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124924j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124932j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124945j:image

f:id:tanakonaoko:20170309124952j:image

f:id:tanakonaoko:20170309125002j:image

f:id:tanakonaoko:20170309125009j:image

f:id:tanakonaoko:20170309125016j:image

f:id:tanakonaoko:20170309125024j:image

f:id:tanakonaoko:20170309125030j:image

f:id:tanakonaoko:20170309125042j:image

f:id:tanakonaoko:20170309125051j:image

f:id:tanakonaoko:20170309125101j:image

f:id:tanakonaoko:20170309125111j:image

f:id:tanakonaoko:20170309125121j:image

f:id:tanakonaoko:20170309125128j:image

 f:id:tanakonaoko:20170309124416j:image

 

看板の愛らしさに気がついてもらえれば幸いです

 

 

ふと思ったのは

こうしてブログを書いていると

ブログをやる理由って

自分の”好き”を誰かに知ってもらいたいという気持ちが

決して押し付けがましいものではなくて

興味を持ってもらえたらっていう純粋な気持ちが

あるからなのだろうかと

思いました

 

 

本日は丁寧な語り口調でお送りしました 

それでは