読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉痛観察

しょうもない日常とつくったごはんを徒然なるまま書き残す。

「ほえぇ。」

 

御機嫌麗しゅうクリーム

 

 

 

はい

最高の挨拶ボケをかましたところで

 

ひとつ発表があります

 

 

 

 

 

f:id:tanakonaoko:20150926093059j:plain

 

 

 

ラインのスタンプ

販売開始しました!

 

 

 

line.me

 

 

 

 

リジェクト含め

審査に約一か月かかりました

 

もっと早くやっとけば

という苦い気持ちと

 

次はどうしようという

高揚感

 

ただやっぱり

 

色塗りへたくそだな~

という残念賞感

 

昔から

色塗りが苦手すぎて

避けてきたんだけれど

 

やっぱだめでした・・・

 

 

 

 

第一弾「THE 烏合の衆」

ということで

普段の落書きの要領で生まれた

変な奴らの集合体です

 

使い道はないです

 

彼らは使いこなせる人を

待っているので

是非手に取ってやってください

 

近いうち第二弾も審査だします

よい趣味をみつけたな~

 

 

 

 

 

今日は前回に引き続きホットケーキを

 

f:id:tanakonaoko:20150908170745j:plain

 

 

 

分離ホットケーキ

 

 

一見普通だけど

少し手の込んでます

 

 

今までのホットケーキでは

卵を卵黄と卵白に分離し

卵白からメレンゲを作ることで

ふわふわ感を出していた

 

 

だがしかし

今回は

 

まだ分離できるものが

あるじゃないか

 

と気づきに気づいてしまって

ふと作った

 

 

ーーそう牛乳である

 

 

以前に

 

tanakonaoko.hatenablog.com

 

この記事で作り方は書いている

 

リコッタチーズ

 

 

これは牛乳を

チーズと

乳清

いわゆるホエーに

手軽に分離することだ

 

 

これを使ってチーズ入りの

あまじょっぱいホットケーキを作る

 

まずリコッタチーズを作る

 

f:id:tanakonaoko:20150908170355j:plain

 

左がほえぇ

 

 

卵黄とほへぇを混ぜ

ミックスを加える

 

f:id:tanakonaoko:20150908170445j:plain

f:id:tanakonaoko:20150908170423j:plain

 

ほふぇは分量通りに

混ぜていくと

あれ、何か違う

と思う

 

ほんふぇによって生地が気持ちふくらんでいるのだ

 

メレンゲも作っておいて

焼く直前に混ぜる

 

f:id:tanakonaoko:20150908170506j:plain

 

切るようにさっくり混ぜたら

リコッタさんもちぎって咥えてから加えて

 

ふれいぺええぇんで焼くと

膨らむ膨らむ

いつもより大目に膨らんでおりますぜ旦那

と言わんばかりに膨らむ(気がする)

 

よし

盛り付けて完成だ

という時に気づく

 

f:id:tanakonaoko:20150908170552j:plain

 

なんかしぼんでない?

 

理由はわからないけど

思ったよりふわふわにはならなかった

 

ただあまじょっぱいホットケーキに

メープルシロップを洪水のように浴びせかけると

たまらなく贅沢な気分に

 

これは少し改良が必要かな

 

 

某ホテルの人気パンケーキにも

リコッタチーズが入っているようなので

こいつはうまくすると

化けるかもしんねえぜ旦那

 

試した方

もしなにか気が付いたらアドバイスください

 

 

 

 

最後に実家から届いた救援物資の中で

うれしくて飛び上がったものを紹介します

 

 

これ

 

f:id:tanakonaoko:20150919161805j:plain

 

え?

梅干しじゃないです汗

 

え?

ずっとみてたら

渋い日焼けしたおっさんの顔に見えてきた?

おっさんじゃないです汗汗汗

 

え?

干からびた胃袋じゃないです汗汗ヨダレ汗汗汗

 

 

 

正解は

イチジクの甘露煮です

 

 

年に約一回の仕送りの中に

3個だけはいってて

 

ネスカフェの小瓶の中で

体育座りしてました

 

最初はコーヒーが腐って液状化したのかと思ったけど

開けてびっくり玉手箱

まさに宝石箱

大好きなイチジクさんでした

 

手作りの甘露煮は

毎年実家のお隣さんがつくって

おすそ分けしてくれるもので

最高の楽しみでした

 

いつかこのレシピも学びにいきたいなと

 

舌鼓を打ちながら

秋田に思いをはせたのでした

 

 

ではでは

ノスタルジックに

終わります

 

f:id:tanakonaoko:20150919161831j:plain